世の中には月給で働いている方がほとんどです。

日給のアルバイトを月に1度やっている

日給のアルバイトを月に1度やっている

日給と月給で働く違いとは

日給のアルバイトを月に1度やっている
世の中には月給で働いている方がほとんどです。サラリーマンは基本月給です。日本で日給で働いている方はだいたい現場仕事の方や工場関係の方が多いです。内容によりますが、月の手取りは一般的に日給の方が多い傾向があります。

日給のメリットとしては高給ってところです。また、日払いってとこもあるので生活としては日給のほうが給料が多い分生活も楽だと思います。ですが、すごいデメリットもあります。世の中いいことばかりではありません。

日給と月給の大きな違いは出勤日数です。月給の場合ゴールデンウィークや盆休み・年末年始のお休みなどの大型連休の際に毎月定額の給料が支払われます。極端な話出勤日数が15日であろうが23日であろうが給料は変動ありません。逆に日給の場合は仮に日給1万円の場合出勤日数が15日の場合と23日の場合で16万円の違いがでてきます。8万円の収入の差は生活に支障がでてくると思います。また、会社が不景気で休みがちになった場合なども休みが増やされたりする会社都合での休みなどもある可能性はあるので安定しているとは言えません。日給の高給の部分は惹かれるとは思いますが、日給の方はちゃんと貯金などして生活に工夫などが必要です。

話題の求人について、このサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2017日給のアルバイトを月に1度やっている.All rights reserved.